BeboxOS
べぼっくすおーえす
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【あのひとは】携帯塗装 3代目 メッキ風塗装はその後どうなったのか【今】
2008年08月11日 (月) 00:24 | 編集
talby三回目の塗装で裏面にメッキ風塗料メディコム、スーパーブライトプラスを使い
DSCF8548.jpg
まさに金属の質感と呼べる質感になりました

しかし塗装当初から指紋その他で鏡面が曇ってしまう問題が発生

塗装から2ヶ月ちょっと
大切には扱ったがまったくメンテなしでこのメッキ風塗装がどうなったか

こんな風になりました
DSCF9445.jpg

メッキの鏡面は失われ全体的に曇ってます
鏡面は失われてるが全体的には「アルミ鋳造」っぽい金属感になってる
この辺は流石に本物のステンレス粒子使ってるだけある



ただ塗料の粒子間も目立ってきた
DSCF9444.jpg
塗料自体が元々柔らかいらしく結構傷がつきやすい


映りこみはこんな感じ
DSCF9443.jpg


結論
モデルガン向け塗料とはいえ手でベッタベッタ触ってたらダメ

携帯電話という塗料にとっては一番ハードな環境でのテストですが
メッキ風塗料の質感長時間維持はやはり大変


そのうち再磨きだしの後クリア吹いてみます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
  • まとめ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。